MENU

FLOW

新築の流れ

1.

1.

地盤調査(改良)

担当の者がお伺いし、土地が家を支えるだけの強さを持っているかどうかの調査をいたします。ここで補強が必要である事がわかると、適切な土地にするために地盤改良を行います。

2.

2.

基礎工事

2×4工法という、耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造の工法で行います。
2×4工法の住まいは、面と面で家全体を支える枠組工法で、地震・台風などの外圧を壁全体で分散し、在来工法に比べ約2.5倍という高い構造耐力を発揮します。

3.

3.

建方(フレーミング)

基礎工事は鉄筋とコンクリートで造られます。
まず、基礎が配置される部分の地面に砂利を敷き詰めて固め、コンクリートを砂利にかぶせて、配筋工事を行います。そして、基礎の形にあわせて型枠をつくり、コンクリートを流し込みます。

4.

4.

造作

柱、梁などの仕上げ工事を行います。天井、床、階段、敷居、 鴨居、長押など、釘や金具を表に見せずに組み上げ、美しく仕上げていきます。

5.

5.

内装

建物内の床、壁、天井、カーテン、ブラインドなどの仕上げる工程です。丁寧に仕上げていきます。

6.

6.

外構

歩道や道との境界に作る塀や生け垣、玄関へのアプローチ、駐車場や門扉、花壇や庭の大枠を施工します。

7.

7.

完成

施行内容と仕上がりをご確認いただいた後、お引渡し致します。
お引渡し後も、万一施工による不具合などが発生した場合は、責任を持って対応させていただきます。

〒612-8006
京都府京都市伏見区桃山町大島38-100
TEL. 075-612-8080
FAX. 075-612-8079
(10:00~18:00の間にお問い合わせください)
京阪「宇治原木幡」駅から徒歩7分

MAG-net / © NEXT STAGE. All Rights Reserved.